nishi.org 西和彦のコラム

西和彦のエッセイ

#486 スマホ用のディスプレイキーボードバッテリ

2021-04-14

スマホに接続するノートPCのようなディスプレイとキーボードとバッテリーが一体化されたI/Oを買った。たしかAmazonで2万円ぐらいだった。これが使ってみればとてもいい。スマホにフルディスプレイとフルキーボードとバッテリーをつなぐとパソコン以上のような気がする。これがこれから売れるのだろうか。競合はChromeBookかスマホに繋がるフルディスプレイか、それともスマホの形をしたWindowsPCなのだろうか。

Androidベースの携帯は繋いだけれどだめだった。もうすぐしたら昔のガラケーの形をした最新のAndroid携帯が出てくる。そのときに使い勝手がどうなるか興味深い。

#485 NVIDIAのモンスターCPU

2021-04-14

NVIDIAがARMのCPUをたくさん使ったAI用のCPUを作るという発表があった。NVIDIA Graceという名前だそうだ。注目するべきことはこの商品の企画はNVIDIAがARMを買うということが9月に正式に決まってから始まったと思われることだ。つまりたった7ヶ月でNVIDIAという会社はこのようなすごい商品を作ってしまうということだ。これはすごい。IntelとAMDの株式はそれぞれ5%下がったそうだ。IntelとAMDが同じものを作るなら何年かかるのだろうか。数ヶ月ではない。ソフトバンクの投資の中で最も成功する投資になりそうな気がする。

#484 来るべき日米首脳会談

2021-04-14

今の総理大臣は国際通ではないような気がする。だから16日の日米首脳会談のシナリオは外務省と総理大臣官邸の秘書官の合作なのだろう。当然だれでも考えるテーマが話し合われるのだろうが、意外なトピックスがあれば実はそれがキーポイントではないかと、期待してワシントン系の新聞を直接読もうと思っている。

国務省、国防省、通商代表など首脳会談に出席しているスタッフが誰なのかが興味深い。

私は総理大臣が大統領に、米国の中国いじめの落としどころはどこなのかしっかり聞いてきて欲しいと思う。あんなに中国によくしてもらったバイデン一家が今さら中国に本気で厳しく当たるとは思えないからだ。お人好しの日本にありがちなこと。日本が突撃したあとに後ろを振り向いたらアメリカはいなかったという状況だけはなんとしても避けなければならない。

#482 コロナ検査のこれからを考える

2021-04-08

コロナ検査の値段はどんどん下がっているみたいだ。5000円を切るところまできているらしい。この調子でいけば1000円以下になるのは時間の問題という認識を持っている。

コロナ検査の結果が出るまでの時間は、1日という病院もあれば、1時間半で結果が出るという病院もある。これも短くなりつつあるみたいでよいことだ。

吉野家の牛丼みたいに「早い、安い、うまい」という感じになるのだろう。そういう時代にコロナ検査をどう活用するかが変わるだろうし、問われる。

#481 東芝は2兆円か

2021-04-08

三井住友銀行出身の東芝の社長が東芝を2兆円でファンドに売ると言っている。ファンドが東芝を生体解剖すれば売り上げ3兆円の会社なのだから、おつりが来るのだろうか。東芝の今の株主が文句ばっかりいうから、ホワイトナイトに頼んで緊急避難するのだろうか。銀行出身の社長なのだから三井住友銀行に駆け込んだ方がいいのではないかと思うが、今の社長は三井銀行に入行した人で、今の三井住友銀行には三井銀行出身者は役員でもう一人も残っていない。三井銀行は住友銀行に吸収されたのだ。三井住友銀行がメインだけどメインでないという状況が起こっているのではないか。住友にとっては、住友電工や日本電気があるので東芝はいらないということなのだろうか。買収しようとしているファンドは社長の元の職場という。2兆円を使った緊急手術の結果は生体解剖か、モンスター再生か、どうなるかわからないが、病気の名前が「東芝病=大企業の驕り」であるということを忘れてはならないのではないか。

#480 200億円分の株を社長個人が買う本当の理由

2021-04-08

ソフトバンクの宮川社長が200億円分の株式を取得するという発表があった。ソフトバンクが200億円分の新株を発行して払い込みをするのではなく、市場から200億円分の株を買うそうだ。自社株買いではないが代表取締役が会社からお金を借りて株を買うことによって、ソフトバンクの株価は上がるだろう。本人にはキャピタルゲインが出るだろう。一般の人は200億円を借金して株を買うとは立派なことだと思うだろうが、会社の株価の対策としては一石二鳥なのだろう。白けている人も多いのではないか。「大概にせいよ」という声が聞こえる。

#479 中国と戦争する勇気ある国はどこか

2021-04-08

お互いに核兵器を持っている国々は決して核戦争はしないのは常識だ。沖縄や日本各地にある米軍基地をICBMで攻撃すれば約25分でアメリカは反撃することは誰でも知っている。そして両国とも絶滅の道を進むのだ。現時点で中国と戦闘をしているのはインドである。インドと中国は国境線で紛争中である。昔ながらの鉄砲と大砲を使って局地戦の最中だ。インド以外で戦争の可能性はどこにあるのか。日本は尖閣諸島防衛のための戦闘はあるかもしれないが、日本と中国は絶対に戦争はしないだろう。662年の白村江の戦いのあと日本がボロ負けして、668年まで北九州を中国に占領されていたという事実を日本は未だに認めたくはないみたいだが、歴史関係者の間では常識だ。筑紫都督府という名前である。戦争に負ければその後占領が待っている。

中国と戦争を厭わない勇敢な国は中国の南側の国だろうと思う。アメリカを敵にして決して負けなかったベトナム。目の前の島を無理矢理とられそうなフィリピン。この2国のうち中国との関係が緊張してきた方と戦争が起こる可能性があると私は予測する。戦術核を使って全面戦争にはならないが、本気の戦争になるだろう。日本はそのときも鷹見の見物しかしないだろう。アメリカは戦術核を貸すかもしれないが、やはり鷹見の見物ではないか。

#478 コロナはどこで感染しているか

2021-04-08

コロナがうつっているのは会食ではないような気がする。コロナがうつっているのは通勤の電車の中ではないかと思っているが、マスコミは何も報道しない。パニックにならないよう忖度しているのだろうか。

#477 日本の経済停滞の原因を考える

2021-04-08

リーマンショックからずーっと、バブル崩壊からもずーっと日本の経済はよくなる兆しがない。なぜかを考えてみた。原因は銀行にあると思う。バブル時代のイケイケどんどんの融資の審査が許されなくなり、銀行にお金を借りに行くとしつこくビジネスの内容を聞かれる。そして挙句の果てにお金は貸せませんとなる。銀行は担保主義を貫き、ビジネルモデルの審査による与信はあってなきが如しのようだ。これは金融庁のご指導の賜物と思われる。金融庁に誰がそういう方針を押し付けているのかは知らないが、アメリカ筋の日本を元気にするな、というあたりのことではないかと思っている。日本が元気でないのを他人のせいにはしたくはないが、少なくとも自分のビジネスは元気でありたいといつも思っている。

#476 次のスパコン世界一は

2021-04-01

どこの会社が作るかは別にして次の世界一のスパコンのCPUはIntelかAMDかARMであろう。今の世界一の「富岳」はARMのアーキテクチャである。おそらく次はNVIDIAのGPGPUをくっつけて延命を図ろうとするのではないかと思っている。それではその次はどうなるのだろうか。

おそらくIntelは経営立て直しのためスパコンどころではないはず。そうするとAMDのRYZENのマルチコアを使ったスパコンが一番になりそうな気がする。アメリカの国立研究所系のスパコンがそれを実現するだろう。ARMにGPUを載せても追いつかないだろう。その次にどこが勝つのかについてはまだ未定である。理研と富士通は当然そこら辺を狙っているのであろう。

#475 中国とロシア叩きはゼスチャーかも

2021-04-01

中国とロシアからバイデン大統領の息子は特別の恩恵を受けてきたという報道がアメリカでされている。その証拠が出たら大統領弾劾に突き進むということになるだろう。その立場の大統領が考えることは中国とロシアをいじめることであろう。それも自分だけではなく日本やインドやイギリスと一緒に。また自分とは違う国務長官や国防長官にその役目を委嘱するだろうと予測していたらまったくその通りになったので、驚いている。ようはどこを何を落としどころとするのかということではないか。今回のアメリカによる中国叩きにすでに落としどころと談合の構図が大国間のあいだで決まっているとしたら、こんな酷い話はないのではないか。おそらく中国にもメリットがあるような落としどころになるのでないか。なぜなら大統領の弱みを握っているのは中国なのだから。

#473 中国とアメリカの戦争

2021-04-01

アメリカが台湾の防衛サポートをするなら中国は沖縄のアメリカ軍の嘉手納基地を攻撃するという発言があったみたいだ。これはおそらく台湾の飛行機が嘉手納に避難することを見越して嘉手納を先制攻撃することなのだろう。

日本の中にある米軍基地は誰のものか。それは日本のものだけではなくアメリカのものでもある。アメリカが使っている基地を攻撃されるとアメリカは反撃に出るだろう。それがどの程度なのかはわからないが、当然核戦争にまでエスカレートするだろう。困ったことだ。

しかし本当にそんなことが起こるのだろうか。核兵器を持ち合っている国同士は戦争はしない。それは攻撃すれば必ず反撃されお互いに滅亡するからである。MAD(相互確証破壊)と言われている。政治学の一丁目一番地の話である。

#472 LINEのトラブル

2021-04-01

LINEのユーザー情報も通信内容も韓国と中国に筒抜けだったみたいだ。ずーっと昔から私が懸念してきたそのものである。これをLINEがどうリカバリするかお手並み拝見している。その国のユーザー情報や通信内容はその国にサーバを置くという時代にこれからなるのではないか。どっちみちLINEをボクが使うことはないけれど。

#471 EVは売れているのか、 なぜEVなのか

2021-04-01

2035年までに全部のクルマをEVにするという話もあるが、GMのEVが売れていないという報道があった。知り合いが最近テスラを買って「とても幸せだ」と言っていた。ハイブリッドとEVは違うという話をたくさんされている。世界中がEVに動いているが、本当にそうなのであろうか。またEV化を進めているのは誰なのであろうか。私はEV化の一番の張本人はガソリンエンジンでビジネスに負けた国ではないかと思っている。ヨーロッパの各国とアメリカではないか。EVに一番遅れている日本にとって大きなデメリットである。日本の企業はEV化に大きくシフトが切れるのか、どうかがこれからの大きな課題である。日本の自動車メーカーに勝つためにEV化することを選ぶヨーロッパやアメリカの自動車メーカーの戦略はおかしいのではないか。

#470 孫さんのいうAI

2021-04-01

3月29日のテレビ東京の番組で「日本のAIはたった3社」といって、「それでもAIは大したことのないというやつがいるけど、大概にせいっ」と発言をした。まさかボクのことを言っているとは思わないが、ボクはAIは大したことのないテーマだと、AIの会社だといっている会社の中にはいい加減な会社が多すぎると言ってきた。その考えに変わりは今でもない。細かく言い始めるとキリがないので細かくは書かないが、AIでこれから成功していく会社についてしっかりウォッチしていかなければならないと思っている。答えはこの5年ぐらいで出るだろう。

#469 インターネットの報道は酷すぎる

2021-04-01

3ヶ月ぐらいホームページのアップデートをしなかったことになる。インターネットのことがどんどん嫌いになっていったからだ。

まず1月のハイライトはなんといっても、米国の大統領選挙だった。トランプ候補とバイデン候補の酷い中傷合戦や他国のことなのにそれについての日本人の解説や意見陳述がひどかった。その全部を読んだわけではないが、そういう情報が飛び交っているインターネットを読むことも嫌になった。

次に2月のハイライトはコロナである。コロナに対するいろんな人の発言が酷い。今でもその酷い発言は続いている。コロナが理由でレストランが東京都を訴える様な裁判が起きたり、一生懸命コロナをなんとかしている人たちに向かっての心ない発言が毎日繰り返される。読むに耐えない。

次の3月は、アメリカの新大統領が中国に対してとった政策。アメリカと日本とインドとオーストラリアとイギリスで中国を責めようという話。これにまつわる関係者の罵詈雑言も酷い。

インターネットを使ったそういうやりとりを毎日読みながら、そういうインターネットを使った意見の発信が嫌になってしまったのだ。その考えには今も変わりがないのだが3ヵ月もホームページをなにもしないでおくと、まず「死んだのか」という問い合わせがあった。次に「コロナで入院しているのか」という問い合わせもあった。そういうこともあって、4月になったので、発言することにした。

nishi.org

〒110-0005 東京都台東区上野7-11-6 上野中央ビル 2F
phone:03-5827-4115 / fax:03-5827-4116 / e-mail:info@nishi.org